利用する前に

片付いたデスクで仕事をする男性社員

店舗併用住宅と言う言葉の意味がおわかりでしょうか。漢字でだいたい意味が分かりますね。例えば1階に店舗があって2階に住居がある住宅のことだと想像されるかもしれません。それだと半分正解です。実はこの言葉は金融機関でローンを組む場合に登場します。明確な条件がありそれをクリアしたものが、この言葉で呼ばれるのです。店舗部分が敷地に占める割合などにルールがあります。 開業にはなにかとお金がかかります。 少しでも有利なローンが組めるよう事前に確認しておいたほうがいいでしょう。 そのためにはノウハウを持った信頼できる住宅メーカーに相談しましょう。お店の経営計画などがしっかりできていても、間取り用途地域でひっかかってしまっては一からやり直しになります。

いざ土地建物を購入すると固定資産税がついてまわります。毎年のことですので少しでも安く抑えたいところです。店舗併用住宅にすると固定資産税の軽減措置があります。 ソフト面のメリットも大きいのではないでしょうか。大切にしてきた職と大切な家族が一つの場所で融合することにおおきな安心感を抱く方がおおいようです。わが子に働く親の姿を見せることができるのはすばらしい情操教育になるのではないでしょうか。 又職と住が一つの場所にあることで近隣住民との交流も活発になりますし、地域の行事に参加することで店が地域に認められるきっかけにもなります。近隣の他店舗との相互利用や子供を通じて顧客が増えたりすることもあるでしょう。 永く愛されるお店にするには店舗併用住宅にすることが案外近道なのかもしれません。 店舗併用住宅のメリットは年を重ねるごとに実感していくのではないでしょうか。