料金を理解する

笑顔で会話をする女性社員達

会社を始める時に、必要なモノの一つにオフィスがあります。通常、会社で利益を得るためには、人、金、物が必要と言われていますが、場所も物の中に入ると考えると、オフィスは不可欠なものになります。 オフィスには賃貸オフィスもたくさんあります。賃貸オフィスの良いところは昔のようにわざわざ建物を購入するよりも安く済むという点です。賃貸オフィスを借りた場合、家賃や経費になりますが、それでもできるだけ安く借りたいものです。安く借りるためには、駅から遠い場所が許されるのであれば、できるだけ遠い場所を選びましょう。ただし、人の出入りが多いところはこの限りではありません。例えば派遣会社などのように人が出入りする場合には駅前が好都合です。

現在は賃貸オフィスが当たり前ですが、昔はどうだったのでしょうか。その歴史について少しだけ見てみましょう。 1980年より前は、事務所は自己所有のビルや自己所有の建物の空間を利用するのが一般的でした。ただ、その時代でもビルの一室を借り、それと共に机や電話などを借りるレンタルシステムがあったようです。その後、レンタルオフィスは少しずつ浸透していき、バブルを迎えるころには誰もが知っているぐらいの知名度にはなったのです。 ところがバブル崩壊とともに徐々に会社が減っていき、レンタルオフィスの経営も苦しくなっていきます。 2000年以降には、単に事務所を貸すだけではあまり魅力はなく机の無料レンタルや無線ランの設置してあるビルなどがあります。また週単位で貸すビルや月単位で貸すビルなどもあります。